1_萌萌虫雑記帳.png

栽培観察逸出

 動物を身近なところにつなぎ止めて管理することを飼育と言いますが、植物を管理する場合は栽培と言いますね。我々小動物好きの人間が書物やネットの情報等で教わる重要事項に、飼育動物を逃がさないというのがあります。ヘビやトカゲや虫といった、一般的にメジャーでない動物を近隣社会に放逐しますと、ご近所の方々に精神衛生上の被害を与えます。筆者がいくら可愛いと主張しても、彼らのことを理解してくださる人間は少数派で、この状況は今後もあまり変わらないと思われます。
 と言いつつ、筆者も近隣の方たちが飼っている犬たちから、吠え声とか糞の精神衛生上の被害を被っているのですが、そのことはペット業界の権力が強いので、べつにいいじゃないか、お前も犬を好きになれよってことになっています。
 飼育動物の放逐は精神衛生上の被害ばかりでなく、傷害の被害を及ぼすこともあります。大型の爬虫類が逃走した場合、小さな子供がいるのに、とか言って大騒ぎのニュース三昧になりますが、ペット犬に咬まれる被害は毎年その何千倍に及びますが、これも、ごめんねで済んでおり、子供たちのペット犬被害の脅威は改善されません。
 そして自然愛好家がもっとも気にする、ペット放逐による被害は、生態系への悪影響ですね。逃げ出した小動物が野生化した場合、生態系のバランスが崩れたり、在来種が大きなダメージを受けることになるというのですね。別の場所で採集した虫を、同じ種類の虫がいるところに逃がしても遺伝子レベルでのダメージを受けるそうです。ある記述に遺伝子の多様性がそこなわれるとありました。これは筆者には理解できません。別の場所で育ったもの同士が遺伝子レベルで差異があるというのは理解できるのですが、それら産地ちがいの同種が交配してなぜ多様性がそこなわれるのでしょうか。産地特有の形質や素質に新たな多様性が加わるんじゃないのか、と思うのは誤った素人考えなのでしょうか。人間の場合は、婚姻は血縁の遠い者同士ほど良く、国際結婚はまっことによろしいとか聞いたことがありますが、産地ちがいの同種間交配で遺伝子の多様性がそこなわれることはないのでしょうか。

 へ理屈はさておき、飼育動物を放逐する、すなわち動物を移動させることは、移動先の自然に何らかの悪影響が出る可能性が懸念されるゆえ、やってはいけないというのが定説です。いろいろ疑問が残るものの、筆者もこの考え方は支持しています。やっぱ一定のルールを設けておかないと、移動三昧はよろしくないです。疑問は残るものの、現行のルールは甘すぎると思います。罰則を厳しくしろとか言うのではなく、弊害や規制の重要性をもっと広く知らしめるべきだと思います。
 ぶっちゃけますと、どんなに規制を設けても動物たちは移動しますけどね。人間の目を盗んで輸出貨物に乗り込んだり、移動する人や動物にくっついたり。輸出入する植物にまぎれ込んだり。人間の出すゴミだって小さな動物の移動手段ですし。それでも移動の規制は必要です。その必要性をより多くの人々が知るべきです。

 では、植物はどうなのでしょう。植物だって動物と同じ生物であり同じタイプの遺伝子を持っていて、多くが雌雄で交配します。植物愛好家の中には、花の害虫だと言って虫を嫌い、虫を飼うような人を快く思わない人がいますが、悪いけどそれでは植物愛好家として半人前です。本来顕花植物と昆虫はひじょうに密接な関係にあり、植物愛好家は、昆虫愛好家が植物について学ぶ以上に、虫についていろいろ知らなければなりません。筆者のように動物植物の隔てなく双方を愛でる人はえらいですね(笑)。
 動物の移動については多くの人たちが懸念していますが、植物に関してはどうなのでしょう。植物は移動しても動物のようには悪さをしないですか? 生態系に影響を及ぼさないですか? 問うまでもありませんね。外来植物の来日定住によって数々の在来植物が衰退して行きました。
 飼育動物を管理する場合は、ケージに閉じ込めて逃げないように配慮しますが、植物の管理はオープンな庭で行なわれるのが主流で、温室や室内で管理する植物はそれほど多くありません。筆者も栽培している植物のほとんどを庭に植えています。
 庭には虫や野鳥が出入り自由です。うちに植えてある植物の実を食した鳥が、別の場所で糞をすると、種の状態で植物が移動したことになります。虫や鳥が運ばなくても、風で飛んで行く種子もあります。オキシペタルムの種子なんか、いい感じに綿毛がついています。タンポポのそれと同じように風に乗ることができます。うちの庭から出て行った植物の行方は分かりません。代りによそからもいろんな植物が飛来し、定住しています。その多くは雑草ですが、庭で大繁殖しているオオアマナは、もともと園芸植物が逸出して野生化し、その野生化したものがうちの庭に飛び込んで繁殖したものです。そのうちポピーがうちの庭に咲くんじゃないかと心配(期待)しています。近所の歩道の植え込み等は、野生化したポピーだらけです。植物は移動し放題です。
 庭という環境は、周りをフェンスや石垣アスファルトで囲まれ、次の理想的な土環境までは隔てられていることが多いですが、それでも植物たちは逸出します。うちのフェンスを超えて石垣に垂れ下がったオステオスペルマムの蔓状枝を、通りすがりの人が手折って持って行ったのを見かけたことがあります。「綺麗なお花」そう言って少女は嬉々として自分ん家に植えるとママに訴えておりました。たまたまママと目が合った筆者は、力強いOKサインを送っておきました。移動しましたねぇ。人ん家の植物を手折るのはよろしくないかもですが、道路沿いの石垣に植物を垂らしている筆者の方が数倍よろしくないでしょう。
 筆者の母は、ハイキング等でおもろい植物を見つけると、持ち帰って庭に植えることをよくやらかしていました。生物の移動が云々という筆者のごたくなど、おだまりっと一蹴し、母の庭は鬱蒼とした森と化していました。なんとも節操のない森でしたが、筆者の庭の現状を見るにつけ、我ながら血は争えんなぁと思います。うちで猛威を揮っているオステオスペルマムやコバナノランタナは、筆者が知らないうちに母と息子が、母の庭から移動したものです。

 去年は、小さな植物を求めていろんなところを歩きましたが、そりゃもう町も野山も数々の逸出植物で満ちあふれていました。園芸植物として農家が育てている草花も、付近の野山に逸出しておりました。もう手が付けられません。植物は移動三昧です。
 それでも、生物の移動は生態系に対する影響が云々という理屈で、植物の移動を危惧する声はほとんど聞かれません。いいのか、それで……などとは申しません。申せるわけがない、植物の移動に加担している張本人のひとりですから、筆者も。

 自分の庭の植物の逸出を防ぐ手立ても持たぬ者が、虫を逃がしたらあかんとか、移動させてはいかんとか申すことに何の意味があるのだろう、ふとそんなことを考え、頭がかゆくなりました。植物の逸出には、うれしそうにそれにくっついて行く小さな虫とかもいるわけですし。
 ……結論、動植物や自然との付き合いは、そうした矛盾との戦いなのです。動物愛護という考え方でも、すべての生き物を愛護することはできませんしね。ネズミを庇護すればヘビが餓死しますし、雑草に哀れみをかければ栽培している植物がダメージを受けます。
 こういうのを水掛け論とも言いますが、水掛け論を延々と続け、真の結論に到達できないことが、ナチュラリストの所業であり、ナチュラリストたるものの避けては通れぬ道でもあります。

枝はらい

2015/04/01


 今年も春がやって来ました。花粉が飛んでますよ。スギやヒノキの花粉って、1月中旬以降にすでに飛び始め、5月前半まで飛びます。じつに3ヶ月半くらい飛散し続けるわけです。サクラやスイセンは1週間ほどで花が終わってしまうのに、スギやヒノキは1年の4分の1は花の時期が続き、多くの人々やおサルさんをいじめます。
 筆者の家の周りの山々も、このアルカロイド性毒物の宝庫です。黄色い煙が風に乗って飛散し、大阪一円にアレルゲンをお届けいたします。筆者の場合、この花粉のメッカに越してきてから花粉症の症状が軽くなりました。空気中の花粉密度が半端ないですが、新鮮なうちに土に吸収されちまい、黄砂やPM2.5や種々のほこりをブレンドしながらいつまでも舞い続けスーパー花粉に変じる都会とちがって毒性が少ないのでしょうかね。
 ま、それはおいといて、お庭の剪定(せんてい)です。剪定というと庭木を散髪して素晴らしい形状に仕上げる芸術のことなので、筆者の場合は枝はらいです。去年の冬入り時に枯れてそのまま今まで放置された古い枝をゲシゲシと払って、新緑の負担を取り除いてやります。



 これくらいの道具があれば事足りますね。去年、シラカシと格闘した際に用いたチェーンソーとかは今回は出番なしです。



 このゲジゲジは、バラです。スイートプライアーローズなんて可愛らしい名前がついておりますが、ぶっちゃけ野バラです。手前(左)のいくらか葉がついているのは、スイカズラの一種ハニーサックル・セロチナです。



 庭のフェンスから飛び出して、近くの電柱を目指しているゲジゲジを庭の外から切ってゆきます。高っ、届くかなぁ。



 切りました。バラは切るのはわけないのですが、落とした枝の片づけが大変です。何しろ棘だらけですから。道端に放逐しておくと、ご近所の子供たちが怪我しますから、トングで拾って片づけます。



 こうして見ると、枯れ枝がフェンスにからまってるだけにしか見えませんねぇ。じつに残念な光景です。ま、そのうち右下にチロッと見えているローズマリーが伸びて冬の景観に彩りを添えてくれることでしょう。



 庭に戻ってまいりました。ケンタッキーカーネルミントの枯れ枝がボーボーです。スイセンの花がせせら笑っています。



 切りました。切った枝はそのまま放置です。肥料になるがいい。



 ケンタッキー家のカーネルさんたちは、すでに芽吹いています。夏までに森になります。



 おお、おお、みごとな枯れ枝だこと。チェリーセイジです。まるで木全体が枯れちまっているようです。



 切りました。ずいぶんちっこくなりましたね。



 近くで見ると、小さな葉が芽吹きつつあります。頑張ってください。



 フラックスリーフティートゥリーは、枝はらいの必要はないと思われますが、背丈が筆者を越えそうな勢いなので、ムカつくので低くしてやろうと思います。手前(右)の枯れ枝はゴールデンハニーサックルです。庭の内側に伸びようとしている枝だけはらって、フェンスの外側の繁茂具合には気づかなかったことにしましょ。



 フラックスリーフティートゥリーの丈をつめて、ついでに大胆にすいてやりました。床屋の床よろしく刈った毛(枝)が散らかっているのを、スイセンの花たちがせせら笑っています。



 ツリージャーマンダーは、横方向に長い枝をピーンと伸ばします。めっちゃ広がります。ムカつくので刈ってやりましょ。もはや必要性よりも感情に依存しています。



 ずいぶんちっこくなりました。かわいらしっ。どうせ反撃するでしょうけどね。



 イングリッシュラベンダーがチェリーセイジに疎外されていたのを救出して植え替えたのにですね、こんどはお隣の植物に疎外されるようになっちまったので、今回はお隣の植物を移動することにしました。なんという植物だったか思い出せずにいるのですが、ひじょうに長い花茎を伸ばして黄色い花をいっぱいつけるんです。庭の別の場所にも植わってます。



 これでイングリッシュラベンダーを疎外する植物はいなくなりました。これからは大きく育ってたくさん花を咲かせてください。



 庭の東側にいるチェリーセイジです。去年もよく茂りよく咲きました。さぁ、切るぞぉ。



 切りました。すっきり。向こうにドワーフマトゥールがいますが、あれも早いうちに丈を摘めときましょう。背の高い奴は嫌いじゃ。



 この枯れ草はですね、コバナノランタナです。去年は長い期間たくさんの花を咲かせました。ボサボサに伸びた蔓状の枝をはらってやると、枯れた株だけになりました。大丈夫かよ。



 その辺の草をかき分けてみると、わずかに小さな葉をつけた枝が残っています。コバナノランタナですよ。今年も咲き散らかしてほしいものです。

 ということで、庭のお手入れは終了。写真撮りながらチンタラしていても90分ほどで作業が終わりました。刈った枝とかは庭の隅っこに押し込んで踏み固めておきました。堆肥になれ、虫の餌になれ。虫の餌になって肥えた土になれ。
 もう少しして気温が高値安定して、新緑が目立ち始めたら、化学肥料を買ってきて撒いてやろうと思います。お百姓さんの土の手入れとちがって、うちの手入れは乱暴で大雑把で適当です。それでも毎年様々な花を見せてくれる植物たちに感謝です。

雑草抜き2

2016/10/23


 早いもので前回の雑草抜きから1年が経ちました。今年はグランドカバーがびっしりと花壇を覆い、雑草自体は少なかったのですが、問題はそのグランドカバーです。そもそもグランドカバーとは芝生のように地表を覆う植物の繁殖状態を言うのですが、パープルペリウィンクルとツルニチニチソウの繁茂もたいがいえげつないのだが、2種類のツタの猛攻に悲鳴を上げねばなりませんでした。
 前2者はまぁグランドカバーとしての役目を果たしていますが、ツタは地表を覆うのみならず家の外の石垣にびっしりと張りつき、伸びたツルが歩道に届く勢いです。このままだとツタ屋敷になっちまいますし、隣家にも魔手を伸ばしそうです。



 まず、これはローズマリーです。門灯を覆うほどの繁殖ぶりです。最初は可愛らしい苗だったのに、今では幹も太くなって樹木っぽくなってまいりました。



 はい、バッサリと散髪しました。幹とわずかの枝葉を残すのみ。これで当分は大きくならないでしょう。同じノリでラベンダーやゴールデンハニーサックル、ドワーフマトゥールも散髪しました、バッサリと。



 で、ツタです。見えているのはうちに元からいたツタで、最初は数十センチの苗がヒョロっと花壇に置かれてあるだけだったのです。それが数年前から急に巨大化し、とくに去年から今年にかけて石垣の占拠に乗り出しました。僕の自室にポット植えしてあった小さな小さな苗も、地植えするや、観葉植物がツタの怪物に変じ、石垣をおおい始めたのです。



 はい、すっきりしました。でも、強情なツタたちを根絶することは不可能で、来春にはまた反撃が始まることでしょう。
 みなさんも、ツタだけは花壇に導入しない方がよいですよ。室内用の小さな観葉植物も、うっかり地植えすると、じつはツタでしたぁ、ってな具合にモンスター化します。他の植物や垣根に取りついて伸び始めたらツタの類と疑って早めに除去してしまうに限ります。
 岩肌にびっしりとこびりついたツタはどうしても取れないものもあり、息子が除草剤を買いに行ってました。

| 1/1PAGES |

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




つTw.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM