1_萌萌虫雑記帳.png

ワラジムシ

2014/10/10


 うちの庭というか敷地内にも、当然のようにダンゴムシやワラジムシが棲んでいますが、どちらかと言うとワラジムシの方が遭遇率が高いです。ワラジムシは歩行速度もかなり早く、ダンゴムシよりも動き回るのが得意らしく、ずっと物陰にいるわけではなく、けっこう壁をよじ登ったり、庭のコロ石の上を歩き回ったりします。動きの鈍いダンゴムシは日の当たる場所が苦手と見えて、石をどかしたり落ち葉をかき分けたりしないと見つかりません。



 生き物の飼育に使用していたコルクバーグを洗って日陰で干していますと、いつの間にやらワラジムシたちの住み処になっていました。大小様々なワラジムシが、コルクバーグの裏でひしめきあっています。まるで越冬態勢のようにみんなじっとしています。冬眠にはまだ早いでしょうに。単に昼寝しているだけでしょうか。



 以前に飼っていたホソワラジムシに比べると、やや体高がありずんぐりした感じです。



 いちばん下の写真の個体など、大きいですね。2cmちかくあるのではないでしょうか。
 こんないワラワラ集まるなら、爬虫類の生き餌として使えるという考えが頭を過りましたが、変な寄生虫をもらってもアレだし、逃がしてやることにしました。逃がしてから、コオロギやコカブトムシの餌になら使えると思い立ちました。またコルクバーグを置いておきましょうかね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM