1_萌萌虫雑記帳.png

クスサン6

2014/10/10


 10月2日に羽化した成虫たちですが、その日のうちに産卵を始めました。繁殖行動のために食草を入れた大きめの容器に移してやろうと思っていたのですが、そうするまでもなく彼らが羽化したプラケースの中で産卵を始めたのです。カイコガも産卵を促すのに食草を必要としませんでしたし、野外観察でも灯火に飛来したメスが、草木もないところに産卵していたのを見たことがあります。ガの繁殖行動はかなりアバウトですね。



 オスの頭部です。レーダーのような触角が立派です。




 メスはオスよりも触角が細く、代わりに腹部がとても大きいです。この中に卵が詰まっているわけですね。



 羽化した日の夜には産卵を始め、プラケースのあちこちに卵塊を作りました。産み落とされる時に一緒に分泌される液体が接着剤になっていて、卵は強固にモノにくっつきます。
 写真はもっとも大きな卵塊です。プラケースのフタを足場にして、側面の上の方に産み固められています。



 ネットでクスサンの卵を検索しますと、1列に整然と並べて産んである写真がほとんどですが、プラケースのフタにぶら下がって産むのはけっこう難しかったのかもしれません。羽化用に設けたプラケースですが、産卵まで想定していたのであればケースの側面全体をウールマットで覆って足場を広くしたのに。
 でも、小さなプラケースに産んでくれたおかげで卵の管理がしやすくて助かります。これは越冬卵なので来年の春まで管理しなければなりません。ただ、交尾を確認していないので、無事に孵化するかどうかは来春まで判りませんが。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM