1_萌萌虫雑記帳.png

キヌホソカナブン

2014/10/15


 ケニア・タンザニア・マラウィに生息する小型のハナムグリで、全長は20mmていどです。ブルーからパープルの金属光沢を放つたいへん美しい虫で、緑色の亜種もいるそうです。飼育繁殖は容易で外国産甲虫ブーム以降、ペットとして数多く流通しています。マニアの間では学名をとって、エルツェニーと呼ばれることもあります。



 2005年6月、自家繁殖させた成虫を譲り受けました。色彩はシンプルですが、とても個性的です。
日本のカナブンやシロテンハナムグリなどよりも一回り小さく、コアオハナムグリでいどです。



 光の加減や見る角度によって色合いがかなり変わってくるのはカナブン類の特徴ですね。



 派手な模様のあるカナブンも良いですが、シンプルなものも宝石のようで見とれてしまいます。



 交尾中。メスの方はあまり歓迎していないようですけど。



 卵および孵化後間もない幼虫たちです。



 2ヶ月ほどで、最初に孵化したものは終令幼虫まで育ちました。その後もどんどん産卵が続いたので、この頃では様々な成長過程の幼虫でマットの中がにぎわいました。



 蛹室です。小型のハナムグリの仲間ほど強固な土繭を作ります。幼虫たちが食欲旺盛でたくさん糞をするので、蛹室も糞まみれです。



 蛹室の中の蛹です。



 孵化から5ヶ月ほどで新成虫たちが羽化しました。アフリカの虫たちは日本の四季に関係なく繁殖し成長します。新成虫が得られたのが11月でしたから、あとは温室の中で管理しました。そしてさらに繁殖が続きました。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM