1_萌萌虫雑記帳.png

けものたち

 このブログで哺乳類の話題を出す予定ではなかったのですが、古い記録を見ていますと、けっこう写真を撮り貯めており、記事もせっせと残しているので、爬虫類との比較対象として紹介しておこうかと思い立ちました。
 筆者は、哺乳類であっても名前をつけて家族の一員扱いするような飼い方はしません。そんな飼い方を否定するわけではありません。ただ、ナチュラリストとしてはナチュラルじゃないな、と思うし似合わねぇと思えるのでしないだけです。でもまぁ、人が生き物の情愛を注ぎ、家族の一員扱いすることは、ある意味人として当たり前ですし、それが人の生態と考えるならはやりナチュラルなのかもとも思います。でもそれは人の生態の観察のような気がしてしまいます。
 筆者は観察者でありたいです。そりゃ人間ですから、相手が爬虫類であってもその仕種に萌えることは少なくありません。寄ってくると可愛いです。でも、基本はどんな環境を維持すると上手く行くか、どんなふうにすると手を抜けるか、様々な生き物を極力同じ環境と同じ餌で飼うことはできないものか、ちがう種類の生き物を同じケージで飼う方法はないか、そういったことを考えて飼育しています。繁殖に成功したり、孵化の瞬間が見れたり、虫なら羽化の様子が撮れたりすると達成感を感じます。生態写真のコレクターみたいなものですね。
 ペットや家畜という概念は、生き物との共生関係のひとつであり、それも人間の文化であって生態の一部と言えるでしょう。哺乳類や鳥類のブログでは、可愛い仕種の写真であるとか、食べ物の好き嫌いのこととか、個性についてとか、そういった内容が多いですね。一方、虫や爬虫類のブログには、成長や繁殖の様子、品種の作出、変異型の話し、といった内容が目につきます。筆者の場合はどちらかと言うと後者の方で、それは共生関係というより、観察であり実験です。観察したり実験しありすることも人の生態の一部ではあるのですが、飼育者の興味は観察や実験の結果であって、生き物とよい関係を築くということは二の次になります。
 もちろん虫や爬虫類を、名前をつけて可愛がり、家族同然に接する人も多いですし、それも否定しません。それでも上手くやって行けるところが人と生き物との不思議な関係です。
 ここでは、筆者のわずかばかりの哺乳類の飼育について記述しますが、ノリが虫や爬虫類と同じです。人と生き物との温かい関係といった内容を期待するる向きには申し訳ないです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




つTw.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM