1_萌萌虫雑記帳.png

ニホンアマガエル6

2014/10/22


 今年の夏に見かけた、筆者の家の敷地内のアマガエルですが、その後も時折姿を見せてくれ、ある時など飼育動物用の温室の中に入り込んでいました。夏場は温室の扉を開放して生き物の世話をすることもありますが、その隙に浸入したのでしょうか。それとも温室に設けてある排水用の穴から入ったのでしょうか。いずれにしても温室の近くに定住しているようです。



 久しぶりに出会った彼は、まっ黒な体色をしていました。ちょっとびっくりしました。黒いアマガエルなんて見たことありませんし。写真に撮ってみるとそれほどではありませんが、筆者の思い込みもあってか実物は本当に黒く見えました。



 温室の前に木製のベンチがあって、そこにクワガタムシや啼く虫たちのケージが並べてあるのですが、虫の世話をしようとしたところ、その辺りから飛び出してきました。暗いところにいたせいで黒っぽい色になっていたのでしょうか。



 撮影のために捕まえてプリンカップに入れておいたのですが、10分もするとかなり明るい色になりました。この写真はカメラのフラッシュが自動動作したので、上の黒っぽいものとあまり比較になりませんが、明るい灰色に変じたのは事実です。



 背中の模様の形や配置を、夏に撮った写真と比較すると同じであることが判ります。アマガエルは色が変わっても模様は変わらないようですね。ただし、緑色に変じたときにはこの模様はほぼ消失してしまいますが。
 やせ細っていないところを見ると、ちゃんと食べていけているようです。今回も逃がしてやりましたが、また出会えるといいですね。冬場はどこで過ごすのでしょうか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ



サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM