1_萌萌虫雑記帳.png

スイセン6

2015/02/25


 去年、イヤというほどスイセンについて書きましたが、そう言えば冬の様子はどんなだったろうと気になって庭を探索しました。無精者ゆえ自分の庭さえ、冬ともなると探索しません。窓からボケラーっと眺めるくらいのものです。



 ちょうど今頃、スイセンたちは芽吹き始めたようですよ。去年の記録では、黄色いラッパスイセンと白いスイセンが咲きましたが、この芽がどちらのものかは判りません。花の早い順ではラッパスイセンですけど。



 庭のそこここで芽吹いています。スイセンの芽は根元が筒で覆われているようになっていて、なかなかおしゃれです。



 これは、すでに充分に葉が伸びていますが、葉の形状からオオアマナだと思われます。花はスイセンよりも遅いのですが、葉は早々と成長しています。



 これもオオアマナですね。



 ではこれは……、ペチコートスイセンですね。細かい葉をたくさん付けるのが特徴です。



 ペチコートスイセンも今では庭の方々で見られます。以前は西側の花壇にだけいたんですが。何年か前に生垣を除去して大がかりに庭をいじった時に、球根や鱗茎の混じった土が移動したんでしょうね。



 もじゃもじゃと言おうかフサフサと言おうか、ペチコートスイセンは、長期にわたってたくさんの葉を茂らせます。葉に多くのエネルギーを使うせいで、花が小さく数も少ないと想像できます。緑の葉を背景に咲く黄色い花はとても引き立っていて綺麗ですけどね。



 これはなんでしょう? 葉が伸長してからずいぶん時間が経って、そろそろ色あせてきた、そんなふうに見えます。小さな庭だけでも自然は謎だらけです。……すいません、落ちがなくて。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM