1_萌萌虫雑記帳.png

アラビアミミズトカゲ

2015/03/06


 有鱗目中、トカゲ亜目、ヘビ亜目と並んでミミズトカゲ亜目を形成するグループに属する無足の爬虫類ですが、形態的にはヘビよりもトカゲ亜目のヘビトカゲの仲間に似ている気がします。ヘビトカゲは地表性の生き物ですが、ミミズトカゲの仲間は地中性で、穴掘りの名人です。原始的なヘビの仲間であるメクラヘビにも似ていますが、メクラヘビの方がずっとミミズ的です。また、ヘビトカゲ、メクラヘビ、ミミズトカゲの間には進化系統的なつながりはないと思われます。



 全長15cmばかりの可愛らしい動物で、基本的には地中生活です。飼育下ではずっとマットの中に潜り込んでいて、飼育者が掘り起こさないと姿を見ることができません。



 目は小さく視力は弱いです。やや尖った口吻で器用に土を掘ります。虫食いですが、あまり俊敏な虫は捕まえられないと思われるので、飛び跳ねるコオロギよりもレッドローチの方が良いでしょう。筆者は浅い皿を2つ用意し、一方に飲み水を、もう一方に頭をつぶしたレッドローチを入れてやっていました。夜のうちに地表に出てきて食べていました。シロアリ食いに特化したメクラヘビに比べると飼いやすいと思います。



 マットに潜ろうとしているところ。かなり迅速に潜ります。
 本種は胎生なので、持ち腹のメスかペアを入手できれば、飼育下での繁殖は難しくなさそうですが、あまり繁殖の例は耳にしません。よく流通する種ではありませんし。数年前までひじょうにレアなトカゲとして知られていました。
 エジプトミミズトカゲの名称で入手したのですが、アラビアミミズトカゲのエジプト産の個体ではないかと思われます。
 餌もよく食べ、意外と飼いやすいと思いました。マットをある程度多湿にしておくことと、飲み水を絶やさないようにすることが重要だと思います。ただ、多湿好みの生き物の環境は全般的に容易ではないので、コンディションのよくない個体だと立て直しが困難かもしれません。そうした場合は、大きめのケージを用意し、マットに多湿な部分と乾燥ぎみの部分ができるようにし、温度は25℃以上、充分な通気性を確保するといった対処で、立ち直ってくれることを気長に待ちましょう。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM