1_萌萌虫雑記帳.png

コモチミミズトカゲ

2015/03/07


 北アフリカに生息するミミズトカゲです。大きなものは25cmくらいになるそうですが、筆者は20cm以下のものしか見たことがありません。ショップではしばしば珍獣扱いされ、しかも飼いやすい頑健種であるとか、トカゲ用の人工飼料にも容易に餌付くとか説明されていることがあります。この可愛らしくて奇妙な珍獣が飼いやすいのであれば買って帰りたくなりますよね。そんなに高価でもないし。
 ショップの説明はおおむね間違ってはいないと思いますが、筆者の経験では意外と長期飼育が難しいと言わざるを得ません。入荷する個体はほぼワイルドもので、駆虫等のトリートメントもされていないでしょうから、ご家庭での飼育を適切に行なっても、ある時急に調子を崩し突然死んでしまうようなことがしばしばです。CBが出回ればいいんですけどね。飼育下での繁殖の話しはあまり聞きません。



 アラビアミミズトカゲに比べると、しっかりした体つきで頑健に見えます。個体によっては人の手から餌をもらうほど物怖じしないものもいるそうですが、基本的には神経質で、土の中が好きな地中生活者と思った方がよいですね。ただ、けっこう地表に上がって餌を探したり水を飲んだりしますし、ケージが浅くフタがあまいと脱走を試みることさえあります。
 ある飼育者の記録をネット上に訪ねたところでは、マットを浅く敷いても支障はないとのことで、飼育環境に充分に馴化し長期間飼育を継続している個体であれば、それも良いかも知れないと思います。その方が姿を見る機会も増えそうですし。



 頭のズームアップ。目立たない小さな目は視力がひじょうに弱いことを示しています。やはり地中生活者として飼育環境を整える方が良いでしょう。昆虫マットやヤシガラ土を充分に加湿し、浅い皿に飲み水と餌を用意してやります。筆者は頭をつぶしたレッドローチを用いていました。よく食べましたよ。カルシウムやビタミンを補給するサプリメントを付加すると栄養状態はずいぶんよくなります。



 四角いタイルを敷き詰めたような皮膚の形状がユニークですね。タイルの色のちがいがゴマダラ模様を形成しています。胎生種なので雌雄を入手できれば、繁殖が期待できるかもです。本種の複数飼育は問題ないです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM