1_萌萌虫雑記帳.png

ムクドリ

2015/03/16


 ロシア東部、中国、朝鮮半島や日本といった東アジアに分布する少し大きめの鳥です。筆者が子供の頃にはあまり姿を見かけませんでしたが、最近かなり増加している気がします。スズメのようにどこにでもホイコラいるわけでもないのですが、いるところにはうんざりするほどいます。
 もともと日本には生息していない外来種だという人もいますが、どうなんでしょう。留鳥で基本的には渡りをしませんが、寒い地方に棲むものは冬場に南下するものもいるようです。外来種だとすれば中国大陸から日本海を越えて来たのかもしれませんね。



 鳥には詳しくないので、知人の鳥の権威の方に撮った画像を送って同定していただきました。これは横浜の赤レンガ倉庫近くで撮ったものです。



 吹田市の万博公園より少し北に行ったところで、本種が大群で暮らしている場所を知っています。もともと低山地で、現在は住宅開発でそこそこ都会化しています。線路傍の道路の街路樹に、大群を成しますが、日中は箕面の方の山へ行っているようで静かになります。朝、出勤して夕刻に一斉に帰還します。街灯があるせいで夜間でも明るく、そのためか夜遅くまでピーピー騒いでいます。ほんとものすごい数で、騒音もかなりのものです。



 日本各地で、騒音や糞の被害が出ているそうですが、それも人による開発と都会化のせいでしょう。あんなに群れなければ可愛い鳥なんですけどね。かつては作物を食害する害虫をよく食べる益鳥として重宝されたらしいです。

 筆者の家の近くではあまり見かけません。自然豊かなところでは、人里ほど大群を成さないのでしょうか。野鳥の宝庫ですけどね、うちの周りは。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM