1_萌萌虫雑記帳.png

カメレオン

 アフリカ大陸からユーラシア大陸の南西部に棲息するひじょうにユニークなトカゲです。中型から大型のものでは体が縦偏していて、まるで足の生えた魚のようです。俊敏さはなく、樹上をゆっくりと歩きます。ミトンのように分かれた足の指と、長くて巻き付けるのに適した尾が、この仲間が樹上生活に特化した生き物であることを示しています。
 カメレオンが周りの環境に応じて体色を変化させる保護色名人であることは有名ですが、実際に飼ってみますと、保護色の用よりも体のコンディションや気分に応じて色を変えるように思えます。びっくりするほどいろんな色に変わります。
 基本的には緑色のものが多く、アマガエルのように周りに合せて褐色になったりしますが、仲間同士の争いに敗北すると、濃い灰色に変じて地表に横たわったりします。エボシカメレオンのメスでは紺色に黄色の縞模様という奇抜な婚姻色を発色します。

 マダガスカル島にはひじょうに多くのカメレオンが棲息していて、体長で60cmを超えるものから、3cmに満たないものまでいます。最小のカメレオンであるミクロカメレオンは、あらゆる陸棲脊椎動物の中で最小です。
 カメレオンはひじょうに飼育の困難なトカゲとされてきましたが、多くのCBが出回り、飼育ノウハウも確立され、ずいぶん飼いやすい動物になりました。ただし、充分に勉強して適切なメンテナンスを怠らないようにしないと、飼育は短期間で終わってしまいます。
 基本的には森林性の生き物として飼育しますが、充分な通気性の確保、貯まっている水は飲まない、生き虫および植物質も必要といった諸条件を熟知して飼育に臨む必要があります。
 筆者は数日から1週間以上も飼育動物の世話をしないことがあるほどのなまけものなので、カメレオンのようなデリケートな動物は苦手です。ある時、懇意にしていたショップで生後間もないエボシカメレオンのちびすけを分けてもらうことになり、飼育に挑みましたが、本種はカメレオンの中ではもっとも飼いやすく、世話をなまけやすい種です。それでもカメレオンの飼育がどんなものかずいぶん勉強になりました。
 カメレオンは俊敏に動き回らないので、ハンドリングが容易なのですが、だからと言ってそれを人に慣れていると勘違いしない方が良いと思われます。手に乗せて可愛がっているつもりが、じつは大変なストレスを与えており、そのことがカメレオンの寿命を縮めることにもなりかねません。
 もっとも良いのは幼体から飼い続け、飼育者に馴らしてゆくことでしょう。慣れると餌を期待して寄ってくるようになります。餌入れを決めておくと、その前で待っていたりします。筆者はノズルのついたボトルで飲み水を与えていました。ひじょうによく水を飲みます。ノズルから容器に水を注入するのを見せて、貯め水を覚えさせようとも試みましたが、だめでした。

 国内でも多くのファンがいて、様々な種類がブリードされています。筆者はあまり特異なトカゲではありませんが、カメレオンにハマる人の気持ちはよく判ります。メンテナンスの大変さを思うと憂鬱になりますが、見ていて飽きない動物ですよね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM