1_萌萌虫雑記帳.png

パープルペリウィンクル2

2015/04/12


 3月下旬、冬場は枯れてしまったのかと思っていた鉢植えから新しい芽が芽吹き始めました。これまで1度も花を咲かせることもなく、4年目の春を迎えました。



 上が3月下旬の様子です。放置された枯れ枝の合間から芽吹いてきました。



 1週間ほど経つと葉が開いて綺麗な緑を見せてくれました。



 一方、去年地植えした株は、すでにたくさんの葉をたくわえ、しかもそれらが若葉って感じじゃなくて、こちらはずいぶん早くから活動していたのでしょうか。あるいは去年の葉が枯れずに残っていたのかも。方々にツルを伸ばしています。



 そしてさらに1週間ほど経つと、地植えの苗が花を咲かせました。最初に植えた場所から数メートル離れたところでも花が観られます。ツルニチニチソウの花とそっくりです。



 色が薄い花もチラホラ。



 ツボミです。今のところ花の数は少ないですが、そのうちドドーンと増える予感がします。それにしても苦節3年半。待望の花は、意外とショボいです。



 鉢植えの方でもツボミが見つかりました。こちらは新緑が綺麗ですね。



 本種とツルニチニチソウの花を比べてみました。左がツルニチニチソウです。一見して違いがわからないほど似ています。ツルニチニチソウの花の方が大きめで立派です、雑草なのに。本種の花はいずれも小さめです。色的にはツルニチニチソウの方が赤みがある感じです。
 一番のちがいは、花の中央の蕊の部分です。本種の方がかなり大きいです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM