1_萌萌虫雑記帳.png

クビキリギス3

2015/05/08


先月の下旬頃から、クビキリギスがチラホラ見られるようになりました。珍しい虫ではありませんし、都会化の進んだ場所でも見られることがある虫なのですが、筆者の生活圏ではあまり見かけません。それが今年は春から何頭も見かけるようになり、徐々にその数が増えつつあります。



 しかし考えてみれば、春から成虫がいるなんて、キリギリスの仲間としては例外的ですよね。つまりこの虫は成虫で越冬し、気温が上昇すると活動を開始するってことですね。



 筆者の勤務先の駅の高いところにもいますよ。この虫はかなり飛翔能力があるようで、灯火にも飛んでくるようですね。



 褐色タイプです。最近は日に何頭も見かけます。灯火に集まり、昼過ぎくらいまでボケラーッとしています。彼らが灯火に集まるメリットって、やはり配偶者探しでしょうか。



 うまく配偶者を見つけて交尾することができれば、メスは産卵のために草原に飛んで行くのでしょうか。



 調べてみますと、本種はやはり春から初夏にかけて繁殖行動を行ない、秋には孵化して成虫まで育ち、そのまま越冬して来年の春から繁殖行動に加わるとのことです。
 それにしても、日に何頭も見かけるというレベルは、大発生と言って良いでしょうね。今年は、クビキリギス大発生の年ということで。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM