1_萌萌虫雑記帳.png

ゴトウヒラタクワガタ4

2015/05/24


 たいへん遅ればせながら、菌糸びんで飼育中の幼虫の様子を見てみました。ほんと遅かったです。もう1ヶ月早く様子を見て、菌糸びんを新しいものと交換してやるべきでした。でも、売物にするわけでもないのでデッカイ成虫が得られなくてもいいんですけどね。



 左が幼虫のいる菌糸びん、右は未使用のものです。去年幼虫を入れたばかりの頃は右のような感じでした。幼虫がマットを食べると発酵が進むようです。



 ビンの底の方で蛹室を作っています。まだ幼虫の状態です。



 幼虫のいるビンを開封して上から見たところ。



 幼虫がいました。この幼虫はまだ蛹室は作っていないようです。



 掘り出してみると、尾部の黒ずみがありませんね。やっぱ前蛹みたいです。クワガタやコガネムシの幼虫は尾部に糞を貯めていて、蛹室作りの際にこれを排出して蛹室の壁塗りをします。なので糞を出し終えた前蛹は尾部が白いのです。この幼虫は珍しくビンの上部に蛹室を作っていました。



 掘り出した幼虫は、新しいビンに移してやります。蛹室を壊された前蛹はこのままここで蛹化するのでしょうか。それとも再び食事を始めるでしょうか。なんかバカげたこと言ってます?



 こちらは蛹室の中の前蛹。蛹室をかなり形を残したまま掘り出せたので、このままマットに半分埋め込んで管理することにします。



 このビンは、早期に幼虫が死んでしまったものです。ひじょうに小さな幼虫を菌糸びんに入れると、幼虫が菌糸に巻かれて菌の栄養にされてしまうこともあるそうです。小さな写真が概観、中身は真っ白な菌で満たされていました。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM