1_萌萌虫雑記帳.png

トクノシマヒラタクワガタ4

2015/05/24


 同時に飼育中の他の南方亜種と同じく、本種もすでに蛹室を作っていました。筆者の住まいは近畿でも山岳部なので冬はとっても寒いです。この冬は年内から積雪があり、年が明けてからも何回か積もる、寒くてしかも長い冬でした。地球寒冷化です。
 こんな寒さで南国の虫が生きていけるのか心配でしたが、加温もせず外に置いた物置の中で、無事に越冬して蛹化に至りました。素晴らしいです。



 未使用の菌糸びんと幼虫のいるビン。幼虫が消費したマットは量が減り、ひじょうに発酵が進んで黒くなっています。



 ビンの底近くに作られた蛹室の中に前蛹が横たわっています。蛹室はとても大きいです。幼虫の飼育中にビンを新しいものと交換しなくても、大きな幼虫に育ったようですね。



 これはさらに大きな蛹室です。ビンが丸いので右からと左からの写真を撮りました。正面から蛹室全体を撮れないほどの大きさです。立派なオスの羽化を期待したいですね。



 正面からの写真では、ビンの底の大半が蛹室になっているように見えます。
 このまま羽化まで管理した方が安全化と思われますが、蛹フェチとしましては、掘り出して観てみたくもあります。人工蛹室の作成を検討してみましょう。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM