1_萌萌虫雑記帳.png

スグリゾウムシ

2015/05/27


 うちの敷地で大繁殖を遂げたヨモギの葉上で、小さな小さなゾウムシを見つけました。全長が3mmくらいでとてもずんぐりとしたプロポーションをしています。ゾウムシ独特の長い口吻はありません。丸いですねぇ、可愛いですねぇ。



 ネットで調べてみましたが、ヨモギが食草であるという記述は見当たりませんでした。でも広食性のようなので、ヨモギも食べるのかもしれません。



 正面図。ほんと可愛らしい虫ですね。チョコマカと動き回ることはなく、ちっこいのにゆったりと優雅に歩きます。そういうところはゾウムシですね。



 本州に産する本種は、メスが単為生殖を行なうそうです。オスは南方の男女群島で見られるとか。ということはこの個体はメスですね。幼虫は植物の根を食するということですが、こんな小さな虫の卵や幼虫ってどんなサイズやねん、ってことで老眼の筆者には繁殖の観察は持て余します。
 ヨモギハムシたちと一緒に1週間飼育しました。葉を食べているところは直接見ていませんが、とりあえず元気にしています。このままの状態で飼い続けても成果はなさそうなので、もとの場所に逃がしてやりましょう。うちのヨモギでもこういう虫がたくさん増えると楽しいですね。

 ちなみにスグリゾウムシは4〜6mmていどの大きさがあるという情報がほとんどなので、それに比べるとこの個体はひじょうに小さいです。近縁の他種である可能性もあるかもです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM