1_萌萌虫雑記帳.png

雑草抜きと肥料散布

2015/05/27


 25日に、花壇の雑草をせっせと抜いて、肥料を巻きました。年によって大量発生する雑草の種類が異なるのですが、今年はカラスノエンドウ、ヒメジョオン、ハハコグサがよく目立ちました。去年はヒメオドリコソウが、その前はエノコログサが多かったのですが。カタバミとセイタカアワダチソウはレギュラー的存在で、毎年それなりにいます。
 あと、ケンタッキカーネルミントが庭から逸出して玉砂利のところでツクツク生えていたので、それらは引っこ抜きました。今年のケンタはかなり頑張りよりまして、花壇内でも勢力範囲を拡大しつつあります。増え放題の植物ですね。他の植物のためにも、必要以上に増えた苗は抜いてしまいましょう。手がひじょうにハーブくさいです。
 逸出組としましては、ホワイトベリー、コバナノランタナ、ムスカリも見られますが、規模的に小さいので無視しておきましょう。



 肥料はコレ。毎年同じものです。毎年今自分に撒きます。年に1度です。1袋使い切ります。



 成分表はこんな感じ。極一般的な肥料です。



 中身はこんな感じ。これを適当にパラパラと散布して終わりです。あとは雨や散水によって地中に養分が染み込んでゆくはずです。

 ほんとうならたまには土を入れ替えたり、追加したりするのが良いのでしょうが、それは面倒なのでごめんです。ときおり、クワガタムシやコガネムシ類の幼虫の飼育に用いたマットなんぞを撒いてやることがあります。裏庭のエノキ、アカガシ、ヨモギを植えているところにはかなり大量のマットの使い古しを投入し、そのせいかヨモギが巨大化しました。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM