1_萌萌虫雑記帳.png

クサカゲロウ2

2015/06/03


 道端のヨモギを、通行人の目もはばからずに観察しておりますと、白いフワフワした綿みたいなものが歩いておりました。お目当てはヨモギハムシだったんですけどね。あまりに小さいので、筆者の目には白いフワフワとしか判りません。



 デジカメで接写したものを、後ほどパソコンで確認してみると、こんな虫でした。なんですかこれは。



 別の画像を見てみると、クワガタムシのような大腮がよく判り、クサカゲロウの幼虫だと知れました。



 クサカゲロウの幼虫は、捕食した虫の死骸やらゴミやらを背負って歩く習性があるのですが、これはそういったゴミや死骸と様子が異なります。純白のきれいな綿毛です。ワタムシでも仕留めたのでしょうか。これだけ見事に白い背負いモノをしていると、きっと仲間内でも自慢できますよね。



 かたわらに物差しを置いてみると、こんな感じ。全長4mmってとこでしょうか。
 でもこの綿毛、かなり気になります。もしかしたら寄生虫だったりして。
 ともあれ、こんなきれいな装いのクサカゲロウの幼虫はこれまで見たことがありません。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM