1_萌萌虫雑記帳.png

クワ6

2015/06/10


 ってことで、クワの実ジャム作りに挑戦です。まずは収穫です。熟した実ばかりを手当たり次第に採集します。そっと触らないと実はすぐに落下してしまいます。落下した実はそのまま行方不明になるか土でコテコテになります。10分ばかりの作業でタッパーをいっぱいにしました。



 収獲が終わればとりあえず持って帰りましょう。未熟の実と葉っぱは参考品です。これだけで700gちかくありました。



 見た目はあまりよろしくないですね。ブラックベリーという植物の果実に似ていますが、あれはバラ目バラ科キイチゴ属の植物、クワはイラクサ目クワ科の植物です。



 ジャムの作り方はいろいろありますが、要は砂糖を加えて鍋で煮るという作業になります。
 ミキサーがある人はササッ水洗いした実をミキサーにかけ、ジュースになったものにグラニュー糖を加えて煮込みます。
 ミキサーのない人は、果軸をせっせと取り除き、軽く水洗いして鍋に投入し、しゃもじかなんかでつぶすように混ぜながら煮込みます。イチゴジャムでもあるていど果実が残っている感じが好きな人は、ミキサーを用いずにつぶしながら煮込みますが、あれと同じですね。
 今回は嫁さんが作業を担当し、筆者は味見役だけでした。作業はミキサーがないバージョンです。グラニュー糖を買い忘れたとかで、白砂糖を300gくらい投入していました。水は必要ないです。つぶしながら煮込んでいるうちにトロ〜ンとして来たら完成。最後にレモンを加えてもうひと混ぜで完成です。700gていどの量ならレモンは丸々1個入れるとよいですが、レモンを買い忘れたと言ってポッカレモンをドバドバっと入れていました。
 ネットでレシピをあれこれ見てみますと、グラニュー糖を加えてから果汁が出てくるまで寝かせるとか、後ほどハチミツを加えるとかいろいろありました。



 ズームアップすると、海苔の佃煮磯じまんに変な赤い卵みたいなものが混入したような、なんだかイヤな感じの絵柄です。赤いものは種ですね。食する分にはまったく気になりません。イチゴジャムの種みたいなもんです。



 焼いたトーストにたっぷり乗せて食べてみました。自然なテイストですね。たいへん美味しいです。ほいかにも無糖のヨーグルトに混ぜてもいいですね。実はまっ黒ですが、ジャムはグレープ色です。



 数日中に食べきるなら鉢に入れてラップして冷蔵庫に入れておけばよいですが、長期保存には熱湯で煮沸したビンに詰めて冷蔵保管します。無添加自然食品ですから煮沸は重要です。

 ということで、久しぶりに自然の恵みを堪能しました。いや普段食しているものも元をたどれば自然の恵みなんですが、収穫から体験するのって最近はなかなかないですからね。
 市販のクワの実ジャムは、マルベリージャムの名称で売られている場合もあります。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM