1_萌萌虫雑記帳.png

クマワラジムシ2

2015/06/14


 飼育を始めて10日あまりが経ちました。アルビノクマワラジムシたちの繁殖が早くも本格的になってきました。素晴らしいです。感動です。



 成虫たちに比べて、孵化直後の幼虫たちはちっこいですね。ちっこくて真っ白です。これはワラジムシやオカダンゴムシの仲間で共通の特徴ですね。幼虫が真っ白だとよく目立って見つけやすくていいですね。



 孵化直後の幼虫たちは、群れていることが多いです。最初の脱皮を終えて体が色づいたら、方々へ散ってゆきますが、みんな似たような場所で休むのでけっきょくまた集まります。
 脱皮した成虫が残した脱け殻のところに幼虫が1頭いますよ。そう言えばワラジムシやオカダンゴムシはあまり脱け殻を残さないです。脱け殻も彼らの餌になるのでしょうか。



 母子の図。って適当に言ってるんですよ。なんだかソレっぽいなぁと思いまして。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM