1_萌萌虫雑記帳.png

ズアカオオアリ5

2015/06/14


 前回、女王が飼育ケースの坑道の部分に幼虫たちを運び込んだというお話しをしましたが、数日後にはまた坑道の外に舞い戻ってしまいました。しかも幼虫たちも外に運び出されています。なんかガッカリです。



 やはり最初にいた場所が落ち着くのでしょうか。石膏を敷いたケースに舞い戻り、幼虫たちの世話をしています。



 ところがさらに2日ほどすると、石膏ケースからふたたび幼虫たちを持ち出し、飲み水用に加水したスポンジを入れてあるボトルキャップのそばに幼虫たちを移していました。石膏ケースには1頭の幼虫も残っていません。まったくもって腰の落ち着かない女王です。
 いよいよ奥の手を用いるしかないのでしょうか。すなわち、坑道構造の部分を布か板で覆って暗くし、今いる場所を明るくしてやることでアリたちを坑道に導くわけです。もともと地中に営巣する虫ですから、暗い場所の方が安心するわけです。
 でもね、これをすると観察のために覆いを取り除くと、アリンコたちの心臓に悪いんじゃないかと心配なんですよね。……なんて笑い話ですけど。少し考えてみます。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM