1_萌萌虫雑記帳.png

アマミヒラタクワガタ5

2015/06/18


 5月下旬に菌糸ビンの確認をしてから4週間近くが経ちました。前回はすでに蛹室を作っており、前蛹または蛹の状態でした。カブトムシならとっくに羽化しているところですが、あれからちょくちょく観察していましたが、ヒラタクワガタの蛹はカブトムシの約2週間にくらべると倍くらい長い気がします。



 最初に掘り起こした蛹室からはすでに羽化しているメスが見つかりました。まだ体が赤く羽化してあまり時間が経っていないようです。



 蛹室から出してやると、たたんでいた触角を拡げ、もぞもぞと歩き出しました。自然界では蛹室を出るのはもっと先になります。



 次のビンには、菌糸がたくさん残っていました。



 ビンの底にある蛹室でメスの蛹を見つけました。



 この蛹は羽化までにまだ10日以上かかりそうです。



 マットの量が減り、色が黒くなり、菌糸がまったく残っていないものもあります。幼虫を大きく育てようとするなら、こうなる前に1度新しい菌糸ビンに交換した方がよさそうです。



 こんどはオスの蛹が出てきました。なかなか立派な大腮をしています。



 この蛹も羽化までにまだ時間がかかりそうです。
 クワガタムシは、自然界では羽化してもすぐには活動せず長い間蛹室に留まっているとも聞いたことがあります。飼育下では飼育者が待てないので羽化するとすぐに掘り出してしまうのでしょうが。でも、いきなり繁殖に参加させるのは無理でしょうね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM