1_萌萌虫雑記帳.png

コカブトムシ5

2015/06/18


 幼虫を入手してから2週間ばかりが経過しました。本種は成育が早いと聞きますから、そろそろ蛹化が始まるのではないかと思い、確認してみることにしました。



 うーむ、まだ幼虫ですね。この幼虫は蛹化する気配もありません。孵化してまだ40日ほどですからね。



 まだ当分の間は幼虫って感じのがこれだけいました。この子たちはマットに戻しておきましょ。



 蛹室発見。蛹室はひじょうにもろいです。このサイズのハナムグリ類の蛹室なら、かなり乱暴に扱っても崩れたりしませんが、本種のそれは触るとすぐに崩れてしまいます。



 前蛹虫です。尾部の糞は蛹室作りに使用され、糞を出し切った尾部は白くてしぼんでいます。



 こっちはもう蛹化していますよ、早いですね。



 カブトムシの蛹とそっくりです。サイズが大きくちがいますけどね。



 写真だけではカブトムシのメスの蛹と言われても判らないのではないでしょうか。



 成熟した蛹を発見。頭胸部が黒っぽくなり、6肢も形成されつつあります。爪もはっきりと判りますね。



 成熟した蛹の背面図。あと数日で羽化するでしょう。



 幼虫の頭部を被ったままの蛹を見つけました。ちと珍しいケースです。蛹は生きており、成虫の体が育ってきています。



 頭だけ幼虫の蛹って、奇妙ですね。無理にはがそうとすると蛹を傷つけそうなので、このままにしておきます。



 収獲した蛹や前蛹たちは、マットに小指で穴を穿ち、そこに縦向きになるように入れておきます。



 わざわざ人工蛹室を作らなくても、これで充分だと思われます。マットを加水しておけば乾いてしまうこともありませんし。本種の蛹にどれだけ水分が必要かは解りませんが。



 成熟した蛹。もう少ししたら羽化して穴から這い出してくることでしょう。



 蛹室の中ですでに羽化している個体も見つけました。孵化から40日ばかりでもう羽化ですか。



 前翅がまだ色づいていません。昨夜羽化したところって感じです。頭胸部や肢もまだ赤いです。



 腹面はとても柔らかそうに見えます。



 羽化してさらに時間が経っている個体を発見。それでもまだ体は赤っぽいです。このまま赤いままだとカッコイイのに。



 すでに羽化しているものは3頭いました。幼虫が14頭、前蛹が2頭、蛹が4頭でした。幼虫が最も多いということは、蛹や成虫はいささかおませさんってことですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM