1_萌萌虫雑記帳.png

ヒラタクワガタ4

2015/06/18


 ヒラタクワガタの南方亜種4つについては、いちおう繁殖大成功ということで、たくさんの蛹および新成虫が得られました。蛹は羽化するまで予断を許さないわけですけど。では、本州のヒラタクワガタはというと、こちらも成功です。
 南方亜種の方はベテランのブリーダーが累代飼育していたものでしたが、本種ヒラタクワガタは野生採集個体での繁殖でした。それだけにこちらの方がむしろ不安がありました。産卵数も少なかったですし。本土でヒラタクワガタが激減してしまったことと、野生個体の産卵数は無関係ではないような気がします。




 菌糸ビンを掘り起こしてビンの底に作られた蛹室の天井を開放してやります。蛹の体長よりも大幅に長さのある蛹室はオスのものです。



 蛹化から少し時間が経った蛹です。目が黒くなっています。それと翅が黒ずんでいますが、これは南方亜種には見られなかった特徴です。蛹の翅が黒ずむというのは、他の甲虫でもないですよね。少なくとも筆者は知らないです。べつに気にするようなことではないのかもしれませんが、ちょっと気になりました。とりあえず無事に羽化してくれればいいですけど。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM