1_萌萌虫雑記帳.png

ムラサキツヤハナムグリ2

2015/06/18


 去年の8月に2令幼虫を分けていただいて育てていたのですが、そろそろ羽化する時期だろうということで、確認してみたところ、先月地中から掘り起こしておいた蛹室に変化はなく、まさか中で死んでしまったのかと肝を冷やしました。本種の成虫はまだ見たことがないですから、たとえ1頭でも成虫を得たいものです。



 シロテンハナムグリ属の蛹室はひじょうに強固です。少々乱暴に扱っても崩れたりしません。このサイズのハナムグリ類はおおむね頑丈な蛹室を作りますけどね。
 蛹が出てきました。生きてます。翅が色づいてきています。



 別の蛹室を開いてみますと、今度は中で羽化していました。成虫は蛹室の中にどれくらいの期間どとまっているのでしょうね。クワガタムシのように新成虫は成熟して繁殖に参加できるようになるのに時間がかかるのでしょうか。



 取り出してみました。大望のムラサキツヤハナムグリです。ちゃんと紫色をしています。シロテンハナムグリでも個体によっては紫色を帯びるものがいますけどね。



 側面図。翅鞘の側縁の紫色が、同属の他のハナムグリよりも鮮やかだ、と思うのは筆者のひいき目でしょうか。



 腹面図。同属他種よりも明らかに紫色を帯びている感じです。うむ、なかなか綺麗です。
 では引き続き、他の個体の羽化を待つとしましょう。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM