1_萌萌虫雑記帳.png

プロイスビロードカナブン

2015/06/20


 カメルーン産の中型のカナブンです。日本のカナブンに比べるとひとまわり大きいですが、アフリカの大型のカナブンに比べるとずいぶん小型です。アフリカの虫はアジア圏の虫とはいろいろ規格が違いますし、姿かたちもユニークですが、ひさびさに本種にはビックリさせられました。
 アフリカのハナムグリというと、ゴライアスやポリフェムシ系のものを思い浮かべますが、これはまたずいぶん風変りですよ。



 どうです? 個性的な色合いですよね。翅鞘なんかなんとなくフルーティです。前胸はグリーンオレンジとでも表現しますか。これはオスです。



 前から見ると、オスはこんな顔をしています。



 前肢。おもしろい形をしています。



 頭部の角状突起は、頭頂に2又の角と、前縁部に日本のカブトムシの角を極めて短くしたような形の角というユニークなものになります。前胸の縁部は金属が錆びたような色合いです。



 側面図。なんかカッコイイですね。


 頭部の角もサイドビューがイカしてます。



 メスですよ。オスよりも深い色をしていますが、これが個体差なのか雌雄差なのかは不明です。レアものということでけっこう高価だったので、1ペアしか入手していません。



 メスの頭部はカナブンのそれです。前肢もしかり。



 すこし時間が経つと、メスの翅鞘が淡い色に変じていました。湿度や温度等で翅鞘の色が変化する甲虫はほかにもいますが、本種もそうなのでしょうか。
 前胸縁部の錆び色はメスがさらに顕著ですね。



 メスの威嚇行動。前肢をいっぱいに開いて固まっています。翅鞘がかなり白く見えますが、起こると明るい色になるのでしょうか?



 飼育環境は広めにしました。申すまでもなく繁殖を目指すわけですが、どうなることやら。同じアフリカのポリフェムスのようにワキワキになれば大喜びですが、そうはゆかないでしょうね。ある情報では孵化から羽化まで2年ほどかかるとも聞きます。2度冬を越さないといけないわけか。気が遠くなります。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM