1_萌萌虫雑記帳.png

ヤマトシロアリ3

2015/06/23


 飼育を始めて2日目にいきなり天敵のアリンコの襲来に見舞われた時にはずいぶんヘコみました。シロアリの飼育転じてアメイロアリの飼育になっちまうかと思ったのですが、仕事で1日家を空けている間に、帰ったらプチプチとアリをつぶして、生き残ったシロアリを助けてやろうか、と思い立ち、家に着くなりシロアリのタッパーに飛びついたのですが……。



 6月21日。アリに続いて新たな敵発見。何かの幼虫のように見えます。それともシロアリに寄生する微小な軟体動物でしょうか。右は朽木の穴に潜り込んでいくところです。



 さらに、卵のようなものを発見。飼育中のシロアリたちはまだ幼虫だと思われるので、産卵するわけないし……。



 もう少しズームしてみると、なんか生まれてません? 卵が割れて虫が出てきているように見えるのですが。白い体に黄色い頭、シロアリに似てますけど。



 一方シロアリたちですが、朽木の方々に穴を穿って出入りしています。まだたくさん生き残っているようです。



 朽木のあちこちに開いている穴は、朽木の中でつながっているのでしょうか。まだそこまでは工事がすすんでないですか。写真左の穴にシロアリの頭が見えます。



 意外にも、アリンコの姿は大幅に減っていて、タッパーの中で3頭ばかりを見つけただけでした。それらをプチッとつぶし、タッパーのフタに防虫シートをかませました。
 今後は比較的安全と思われる筆者の自室で管理しましょう。



 6月22日。シロアリの姿がほとんど見えなくなりました。朽木の中に全員を収容できるていどの坑道が完成したのでしょうか。これでは観察できないですが、この状態で彼らが順調に暮らして行くのなら、しばらくの間はそっとしておきましょう。



 朽木のあちこちに穴が開いています。昨日見つけた最も大きな穴は、どうしたことか朽木を貫通しています。朽木の表裏両方から巣穴に出入りできるようにしたのでしょうか。



 朽木を持ち上げてみると、2匹ばかり姿を見ることができましたが、のこりはすべて坑道の中に潜り込んでしまったようです。
 シロアリは、コロニーを分断されて女王がいなくなってしまうと、ワーカーの中から女王を育てると聞いたことがあります。そうなったら素晴らしいですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM