1_萌萌虫雑記帳.png

フェモラータモモブトハムシ2

2015/06/25


 飼育を開始してからずっと雌雄を同居させていたのですが、いつみても交尾しています。オスはメスを見つけたらとりあえず衝動的に交尾をしかけるようですね。これは本種に限ったことではありませんけれど。でもこのままでは雌雄ともに消耗が激しく長生きしないと思われるので、今後は雌雄を分けて飼育を続けようと思います。



 メスのケージです。クズの葉と茎を採って来ましたのでそれをいれてやりました。オスたちはこれまで通り昆虫ゼリーで飼育します。本種は昆虫ゼリーもよく食べるとの情報もありますが、今のところあまり食べていないようです。食事よりも交尾に忙しいって感じでした。



 クズの茎は食草として有効でしょうか、それとも産卵場所になるでしょうか。適当に切り取ってきた茎でも繁殖が可能だとしたら、かなりたちの悪い外来種ですね。日本の自然環境に放たれてから何年か経過していると思われますが、今のところ生息地がどんどん拡大していると言った話しは聞かないので、そんなに繁殖力が旺盛だとも思えないのですが。ただ、生息地では大発生状態と聞きます。



 メスの方がメタリックな光沢が強いように思います。なんかロボットみたいですね。オスから解放されて、ゆっくり食事してください。



 クズの葉の茎には加水したティッシュを巻いておきます。これで葉はかなり日持ちすると思います。いちおう昆虫ゼリーも入れておきます。筆者としては昆虫ゼリーに餌付いていただくとたいへんありがたいです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM