1_萌萌虫雑記帳.png

カブトムシ9

2015/07/07


 野生採集個体の成虫たちから去年生まれた幼虫たちが蛹室を作り始めました。同時に飼育中のブリーダーが繁殖させたアルビノカブトムシは、8月初旬の時点で2令幼虫だったので7月初旬か6月末には孵化していたでしょう。で、この項目で扱っているカブトムシたちは、9月中旬に2令でした。8月下旬にはまだ幼虫はいませんでしたから、アルビノカブトムシに比べて1ヶ月半〜2ヶ月近く孵化が遅れています。当然、蛹化も遅れることが予想されましたが、温かい季節になってから積算温度を稼ぐことができたので、遅れはかなり縮まり、1ヶ月遅れていどになりました。



 7月2日の時点で蛹室を作っていた幼虫(前蛹)です。



 元気ですねぇ。



 うんうん、元気だ。



 もう解ったから休んでください。これから蛹化そして羽化という大仕事が待ってます。



 2頭目の前蛹を確認。やはりプリンカップだと開放型の蛹室を作りますね。横に広い蛹室で、前蛹は横たわっています。アルビノカブトムシの例ではこの状態でも無事に蛹化していますが、羽化が心配です。



 人工蛹室に収容してやることにしました。アルビノカブトムシの蛹化と羽化に用いたもの(単なるセルロイドの筒)です。これで蛹化も羽化もうまくゆくはずです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM