1_萌萌虫雑記帳.png

ゴールドベリーツヤヘビ

2015/07/16


 ツヤヘビの仲間というのが、今いちよく解らないのですが、本種はベネズエラからアルゼンチンにかけて生息する小型のヘビということです。キララツヤヘビという名で時折出回りますが、本種はキララの亜種で腹面の黄色が強い変異型なのだそうです。平均寿命5年ていどと聞きますが、生後間もない幼蛇を入手して、6年くらいは生きていると思います。現在も健在です。



 まだ爬虫類の一般向け通販が認められていた頃に買ったのですが、到着した個体があまりにも俊敏で、最初からイヤな予感がしました。すなわち扱いが大変だと。魚やカエルといった変温動物を食べているようなのでマウスに餌づくかも心配でした。でも、心配は杞憂に終わりました。置き餌にしたマウスをすぐに食べるようになり、その後は食いむらもなく餌に関しては悩みませんでした。



 背中は地味なグレーですが、腹面の黄色が鮮やかなヘビです。胴部では体側が黄色になりますが、尾端は腹面がほぼ黄色です。



 動きがひじょうに早く、捕まえるのは大変です。たいてい床材の中に潜り込んでいてなかなか姿を見ることができません。夏の暑い日には水浴していることがありますが。じつぶつはもっと黒っぽく見えることが多いですね。



 長年飼っていますが、いまだに飼育者に慣れてくれません。ハンドリングなんて論外です。食欲は今も旺盛で、さらに長生きしそうな感じがします。爬虫類の寿命のデータはまだまだ未知数の部分が多いようです。飼育下と自然環境とでも寿命に差が出るでしょうしね。
 飼いやすい頑健種とは言えますが、なかなか姿を見れない、触ることもできない、手で餌を与えることもできない、飼っていて張り合いがないヘビです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM