1_萌萌虫雑記帳.png

ツヅレサセコオロギ4

2015/08/04


 クマスズムシやミツカドコオロギが6月初旬に孵化し、本種も数日を隔てずに孵化したのですが、成育状況は本種がいちばん遅れています。体が小さい順に羽化までの期間が短いようです。クマスズムシはもう啼いていますから。



 まだ若令幼虫ですが、体に模様が生じてきて、かなりそれっぽくなって来ました。



 野菜も動物質の餌(煮干しや人工飼料)も消費量がすごいです。数日で綺麗に跡形もなくなくなってしまいます。幼虫たちがちいさな間は残餌がカビるので難義しましたけどね。



 顔もそれっぽくなってまいりました。オカメコオロギのようにイカツイ顔をしていないので、本種でまちがいなさそうです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM