1_萌萌虫雑記帳.png

アブラゼミ4

2015/08/06


 今年も7月末あたりから啼きはじめたと思います、うちの近辺では。そして今年も庭に転がっていました。繁殖活動を終えて衰弱した個体ではなく、羽化して間がない個体のようです。うちにはしばしば羽化直後のアブラゼミが転がっています。去年も見つけたよね。アブラゼミって人なつっこいセミなんですか?
 日本の熱帯化が進むにつれてクマゼミの猛進が目覚ましく、近年はいささか圧され気味のアブラゼミなのですが、こうして手に取って見ることができるのはアブラゼミです。毎年1〜2頭の新成虫が転がっているということは、うちの庭かすぐご近所で羽化しているのでしょうね。



 メスです。昨晩羽化して色づいたばかりなのでしょう。傷みはほとんどないきれいな体です。体が固まって飛べるようになるまでに木から落ちてしまうんですかね。



 日本の昆虫にしてはかなり大型の虫になると思いますが、こんな虫が毎年ワラワラ湧くってすごいですよね。向こう7年分の幼虫をストックしている土壌のキャパシティがすごいです。しかもセミは本種だけじゃないし。

 飛び出た複眼と、3つの小さな単眼がおしゃれです。インドの人がでこちんに点を書きますが、セミのでこちんには3つの点があります。




 まだ弱々しくても指につかまるくらいの力はあるようですね。網戸にでもつかまらせておきましょう。そのうち飛んでゆくでしょう。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM