1_萌萌虫雑記帳.png

セアカゴケグモ6

2015/08/06


 昨年8月下旬に本種を発見した場所ですが、今年は今の今までその姿を見ることができませんでした。消毒薬を散布したあともたくさんの成虫や幼虫が見られたので死滅したとは考えにくいのですが。それとも8月末まで排水口等に隠れて姿を見せないのでしょうか。他のクモたちは春から元気に活動していますが。本種が人目に付くところに巣を張ったりするのは、繁殖期の8月末以降なのでしょうか。もっとも8月末以降が本種の繁殖期であると確認したわけではありませんが。



 しばらく捜索して揺籃を1つ見つけました。よく見ると小さな穴が開いているので、すでに幼虫が孵化したあとの揺籃である可能性が高いですが。ただ、今年はこれまで揺籃さえも見つけられなかったので、これが初めての本種の痕跡になります。



 揺籃は壁にくっついており、そのすぐ下にゴケグモ独特の巣がありました。規則性のない美しくない巣です。虫とりトラップとしてはひじょうに効果的ですが。そしてそこに1頭の本種の幼虫を見つけました。
 スマホのカメラ機能がショボくて、いい画像が得られませんでしたが、白っぽく膨らんだ腹部は本種の幼虫独特のものです。今年もこれから数が増えてくるのかもしれませんね。また観察に来ようと思います。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM