1_萌萌虫雑記帳.png

アダムスツノカナブン3

2015/08/13


 飼育を開始して早期に雌雄1頭ずつが死去してしまったので、短命の虫というイメージを持ちましたが、生き残った2頭はその後も元気にしています。野生採集個体なのでもともとコンディションが良くなかったのかもしれません。とはいうものの、長命であるとも思えませんが。



 7月20日。メスが下半身を地中に沈めたままの状態で威嚇ポーズをとっていました。なにげに可愛いです。



 オスは地表で怒っています。この虫は飼育している間ずっとこうなのでしょうね。飼育者に対して気を許すことはないんでしょうね。まぁいいんですけどね。



 8月10日。オスが死去。残りはメス1頭になりました。このオスの飼育下での生存期間は2か月弱でしたが、野生採集個体の珍虫としてはまずまずといったところでしょう。



 7月上旬には卵を見つけることができましたが、今回は2令幼虫を見つけました。数は多くないですが幼虫が得られたことは嬉しい限りです。このサイズのハナムグリなら羽化までの期間も短いかもしれません。



 幼虫たちはとても元気に動き回っています。うちで羽化まで育てることができたら素晴らしいですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM