1_萌萌虫雑記帳.png

水飲み

2013/10/19


 フトアゴ君が水を飲むときは、とてもユニークな特徴があるんです。それはですね、胸郭をいっぱいに拡げて体が円盤状になることです。頭−胴−尻尾が、三角−丸−棒みたいなことになってなかなか面白いです。写真だとそれほどでもないですが実際に見てみると、通常時とちがいは顕著です。なんでこんなことになるんですかね。
 オスが、相手を威嚇するときに同じように胸郭を拡げますが、水を飲むときはオスもメスも胸郭を拡げます。威嚇しながらでないと水が飲めないとか? それともこうすると水の通りが良くなるのかもしれませんね。もともと水を飲む機会の少ない動物で、我々人間のようにそれが当たり前ってわけじゃないですから。


 ↑ ケージのガラス面の水滴を舐めてます。体が丸く拡がっているのが判りますか?


 ↑ 通常のフトアゴ君です。胸郭は開いていません。


 ↑ 水を飲んでいるところを横から見ると、胴部がぺちゃんこです。


 フトアゴ君のような乾燥地帯の爬虫類は、池や水たまりの水を飲む機会はあまりないのでしょうか。ケージの中に水入れを用意してやってもなかなかそれを覚えません。覚えると、その水を飲んだり水浴をしたりするようになるのですが。水入れの水はすぐに汚れてしまいますし、砂で埋められてしまうこともしばしば。それよりもスプレーで水を与える方が手っとり早いです。顔に水をかけてやると、目を細めて鼻先から滴る水を舐めます。そのうちケージのガラス面や岩などに付着した水滴を舐めだします。
 水を飲むのは嫌いじゃないです。スプレーしてやると喜んで長い間飲んでいます。食べる野菜の水分で充分なのでとくに水を与える必要はないとも言われていますし、実際にそうです。でも、こうして喜んで水を飲むところを見ると、やっぱ時々でもスプレーしてやりたくなりますね。




 ↑ 成熟しよく太ったオスは、若い個体やメスのようには丸く拡がりません。お腹の贅肉がじゃまなようです。


 ↑ 水飲み中のオスを横から見ると、肋骨が浮きでていて、胸郭を拡げているのが判ります。


 ↑ これは食事中の図です。水飲みの時よりも舌を大きく出し、餌をそれにくっつけて口に引き込みます。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM