1_萌萌虫雑記帳.png

カブトムシ7

2015/08/13


 メスの蛹が羽化せずに死んでしまいました。成虫はオスのみとなってしまいました。いずれも赤いからだとピンクの目をしています。メスがいないのでこの血統を繁殖させることができなくなってしまいましたが、たぶん一腹の子同士だったと思われるので、掛け合わせても劣化が進むことになるでしょう。イヌやネコでは血統が重視されますが、近親交配の繰り返しで種の劣化が進むだけなんじゃないのかなぁという疑問が浮かびます。
 ということで、手元に野生採集個体を繁殖させた蛹がいますので、羽化したらそれと掛け合わせてみようかと。アルビノとノーマルの掛け合わせでは、どれくらいの確率でアルビノがでるのでしょうか。



 7月10日。オスばかりになってしまったアルビノカブトムシ。ケンカしているわけではないです。1つのケージに入れたところ、たまたま出会ったオス同士ですが、そのままいつまでも固まっていました。



 8月12日。新成虫たちも羽化して1ヶ月になります。アルビノ品種のメスを得ることができなかったので、昨年ワイルド個体から繁殖したノーマルのメス新成虫とペアリングすることにします。繁殖に用いるのは1頭とし、もう1頭のオスは単独飼育にします。



 今年は、飼育下で得られたメスが1頭しかいません。うちで繁殖したものも、あとでもらった幼虫もことごとくオスばかりが羽化してきます。もう1頭ワイルドのメスが近くの森から飛来したのですが、交尾を終えているのかどうか不明です。飼育を開始して半月たっても産卵に至らないので未交尾だったのかもしれません。ということで、アルビノオス1頭に対して2頭のメスを同居させます。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM