1_萌萌虫雑記帳.png

ネコハグモ

2015/08/13


 葉の表面にうっすらとした巣を張っている小さな小さなクモです。とても小さいので存在感がまったくありません。広葉樹の葉をじっくり観察していると、ここにもあそこにも、1枚の葉に1頭ずつ、そこらじゅうにいます。ぱっと見た感じでは何もいないようにしか見えないので見逃してしまいます。



 小さなクモが隣り合わせの葉に1頭ずついるので、生後間もないクモの幼虫かと最初は思いました。でもこれで成虫みたいです。




 木の葉の横方向に糸を渡して単純な巣を張り、これで小さな虫が引っかかるのを待ちます。



 小さなアブの死骸が2頭分あります。このクモの巣には食べ残した虫の死骸が残っていることがひじょうに多いのですが、何か理由があるのでしょうか。虫の死骸を残しておくと、それを食べようと飛んできた虫が引っかかるとか。だとしたら実に巧妙なトラップですね。



 こちらにはコバエや蚊の死骸が残っています。うっすらとした巣には大きな虫は掛からないようになっているようです。大きな虫はこの弱々しい巣など蹴散らしてしまうでしょう。この巣は小さなクモの獲物として適当なサイズの虫が引っかかるようになっているようですね。



 獲物を待つクモは、肢を拡げてじっとしていることが多いですが、このクモは肢を寄せて身を小さく見せるような姿勢で待機しています。遠目にはゴミかシミくらいにしか見えません。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM