1_萌萌虫雑記帳.png

フェモラータオオモモブトハムシ4

2015/08/11


 考えてみれば筆者は、これまでハムシというものを飼育した経験がありませんでした。たまたま今年になってヨモギハムシを飼い始めたのですが、これが一向に面白くない。ちっこい虫なのでテントウムシのようにすぐに繁殖行動が見られるかもと期待していたのですが、餌食いは悪いわ、動かないわ、なんだか虚しいです。
 それに比べると本種の飼育はずいぶん面白いです。日本のハムシとはいささか趣がちがいます。



 仲良く昆虫ゼリーを食べる2頭のメス。クズの葉を入れてやっているのに、昆虫ゼリーに慣れた虫はそっちの方がお気に入りみたいです。



 プラケースの縁で、後肢を蹴り上げるポーズをとるメス。



 オス同士のマウンティング。虫の同性愛なんて聞いたことがありませんが、時おり目にする光景です。ウケ側のオスも嫌がっている様子はありません。



 去年飼っていたスペキオーサ(外産のハナムグリ)もよくこういうことしていましたし、一時的に同居させていたシラホシハナムグリに異種間マウンティングしたりもしてました。しかも3段重ねとか。こうすると落ち着くんでしょうか。



 再びメスたちのケージ。これまでに多数の産卵を確認しましたが、卵を産みつけられたクズの茎が生きていないためにカビてきてしまいました。やはりこんなずさんなやり方では繁殖は無理みたいです。ところが数日でカビはなくなり、現在はきれいな状態です。だからって繁殖への期待が膨らんだわけでもないんですけど。というのも茎が枯れてしまっていることと、茎が細くて幼虫たちの餌場としては不充分と思われることが、ネックとなっているからです。



 カビは引いたもののすっかり枯れてしまったクズの茎。その一部が心なしか膨らんでいたりします。指でつまんでみるとフワフワと弾性があります。単純に枯れた茎ならもっと硬いはずですが、なんだかもっちりした感じです。



 茎に残された多数の産卵痕。幼虫が育つのは難しくても孵化を確認するくらいならできるかも知れませんね。

コメント
このブログ、「目次を表示」が機能してませんね
  • T
  • 2016/05/08 6:08 PM
T様。
目次を表示は、萌萌虫用の目次です。
萌萌萌虫雑記帳の目次は、萌萌萌虫雑記帳のバナーから跳びます。
目次とは無関係ですが、古いブラウザでは写真が表示されなかったりします。なかなか思うようにゆきません。
  • 筆者
  • 2016/05/08 9:11 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM