1_萌萌虫雑記帳.png

ステノプテリギウス

2015/08/20


 魚竜の仲間は、中生代前期の三畳紀に初期の双弓類から分岐し水棲生活に移行した動物群で、双弓類の2大勢力である鱗竜類および主竜類とは別系統の道を歩みました。彼らは恐竜の出現よりも早く出現し、鱗竜類や主竜類が陸棲動物として大型化多様化を目指す折り、河川から海洋へ進出し繁栄を築きました。
 魚竜類の繁栄は中生代後期の白亜紀まで続きますが、遅れて進化してきた首長竜類の繁栄に圧され、死滅しています。中生代の進化的な爬虫類たちは、新生代との境界となる異変が原因で死滅しますが、魚竜類はそれよりも早く、首長竜との競合に負けて滅びました。



 魚竜の仲間としては有名なイクチオサウルス同様、本種も現生のイルカにひじょうによく似た形態をしていました。イルカと進化的な魚竜類は収斂現象あるいは平行進化の例としてしばしば取り上げられます。洗練されたフォルムは彼らが優れた遊泳能力の持ち主であったことを想像させますし、イルカと同じように魚を採って暮らしていたことでしょう。
 イルカと大きくちがっているところは、尾骨が尾ビレの下端に及び、縦型の尾ビレを左右に動かして泳いでいたことで、イルカの場合は横型の尾ビレを上下に動かします。



 このように完全な水棲動物に進化した生き物は、爬虫類でありながら地上に卵を残すことは困難でしたでしょうし、地上卵から孵化した幼体が海へ這ってゆくことも困難であったでしょう。かと言って有羊膜卵を海中に産卵することも考えにくく、彼らが胎生であったことが想像されます。
 現在は魚竜類のような完全水棲爬虫類はウミガメやウミヘビくらいしか存在しませんが、ウミガメやウミヘビは陸地に上がることができ地上に産卵します。一部卵胎生のウミヘビもいます。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM