1_萌萌虫雑記帳.png

アーケロン

2015/08/20


 爬虫類は、頭骨側面にある穴の数で単弓類、無弓類、双弓類に大別されますが、側頭窓が1つの単弓類は古生代に栄えた盤竜類の仲間や後に哺乳類が分化する獣弓類を含むグループで、側頭窓が2つの双弓類は中生代になって爬虫類としての躍進的進化を遂げた仲間ということになります。残る無弓類は、側頭窓がない爬虫類で、原始的で初期の爬虫類が含まれるとされてきました。筆者が若い頃には、単弓亜綱、双弓亜綱と共に無弓亜綱として扱われていましたが、単に側頭窓がないことで無弓類とするのは、化石の形状だけで判断した安易な考えだったということで、現在は無弓類はグレードとして認められていないようです。最も初期の爬虫類ウェストロティアーナなども無弓類には入れられていないようです。
 それでも無弓類には、クストサウルスやパレイアサウルスといった動物が含まれるとされ、素人の筆者は思わず、どうやねん!? と叫んでしまうわけですが、かつて無弓類が無弓亜綱として認められていた頃には、カメの仲間もここに含まれていました。
 しかし現在は、カメ類は進化の過程で側頭窓を失った双弓類として分類されています。双弓類を2
分する鱗竜形類と主竜形類のうち後者は、ワニ類を含む主竜類、恐竜類、翼竜類といったいかにも大型爬虫類といった感じのそうそうたる動物群を含むわけですが、カメ類はこれら3つの竜の仲間に属さない別系統の動物群として主竜形類に含まれています。



 現在もカメの仲間はよく繁栄していて、様々の種類がいますが、甲羅を背負ったスタイルは中生代から変っていません。そして中生代のうちにウミガメの仲間は海洋に進出しました。アーケロンはその最大主で、全長4m、前足を広げると差し渡しが5mに達するというたいへん大きな、中生代らしい動物です。オールと化した大きな前足だけで泳ぐスタイルも現生のウミガメと同じです。



 アーケロンも現生のウミガメのように産卵のために陸に還っていたのでしょうか。だとすればウミガメの産卵は中生代から受け継がれた古典的な生態ということになります。アーケロンは現在のアメリカ大陸の浅い海に棲んでおり、現生のウミガメのように遠洋に進出することはなかったようです。
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM