1_萌萌虫雑記帳.png

オニグモ

2015/08/22


 でっかいオニグモが巣を作っていました。体長が3cm近くありそうです。ほんとでっかいです。コガネグモやジョロウグモのように肢が長くもなければ体の色がらも地味なのであまり目立ちませんけど。巣作りの様子はまるで空中を散歩しているみたいです。



 オニグモは日中は物陰に隠れていてあまり姿を見かけることはありません。彼がハンティングをするのは夕方以降のようです。



 時刻は16時くらい。まだ作り始めたばかりのようです。大きな規模の巣は完成に数時間かかるそうですが、逆にあの見事な巣を数時間で完成させるところがすごいと思います。



 巣が完成したら夜になってしまいますが、ここは人家の敷地内なので、夜になると灯りが点き、灯火に集まる虫が飛来するのが期待できるでしょう。



 クモの動きにはほとんど迷いがありません。彼らは誰にも教わらなくても立地条件に合わせた適切なサイズと形状の巣をサクサクと作ります、当たり前なんですけど。その当たり前に驚かされます。



 オニグモは、夕方から巣作りを始めた夜間に狩りをしますが、朝には巣を撤去し、翌夕方からまた同じ場所に巣作りをする、そんな話しを聞いたことがあります。毎日せっせと鈴栗にいそしむなんて大変なことですね。巣は毎朝撤去しますが、巣作りの最初の足場となる1本の横糸だけは残しておくそうです。



 オニグモにもいくつか種類がありますが、これは一般的なオニグモ、いわゆるオニグモだと思われます。夕暮れが近づいていたのと雲が多かったのとで、どの角度から撮っても逆光っぽくなってスマホでは体色まで判らない写真になっちまいましたが、見た目は濃い灰色といった感じでした。なかなか立派なクモでした。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM