1_萌萌虫雑記帳.png

フタモンアシナガバチ

2015/08/22


 懐かしいです。懐かしすぎます。むかし寝屋川市に住んでいた頃には日常的に目撃したハチですが、もう何年も見ていない気がします。筆者が結婚して家を出たあと、実家の庭に毎年のうように庭で巣作りをし、たくさんの本種が飛び回っていました。筆者も母も全然平気でしたが、宅配便等の来訪者は、玄関前に群れを成すハチに恐れをなしていました。
 刺しませんって。スズメバチじゃないんだから。そりゃ、刺されるようなことをすれば痛い目にあいますけど。



 腹部のもっとも膨らんだところに、よく目立つ黄色の2紋があるところが和名の由来ですね。小型のハチですけど、とても綺麗です。



 母の庭に群れていた頃には、腕や頭にしょっちゅう止まったりしましたが、刺されたことは1度もありません。人懐っこいハチです。



 現在、セグロアシナガバチを飼育中なのですが、本種も飼いやすいハチだと思われます。でもこっちに越してきてからあまり見かけなくなったということは、山岳部よりも平地を好むハチなのでしょうか。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM