1_萌萌虫雑記帳.png

恐竜

2015/08/24


 恐竜類は、主竜形類の中の鳥盤目と竜盤目に属する動物の総称です。学術的には2目をまとめる恐竜上目と同義になり、これ以外の翼竜類や首長竜類は恐竜ではないということになります。ネッシーやプテラノドンがなんで恐竜やないねん、と我々素人は憤激するわけですが、ネッシーはそもそも存在が確認されていない幻ですし、プテラノドンは恐竜の祖先型となる動物から別の系統に分化した動物群の一員です。
 それでもプテラノドンはしばしば空飛ぶ恐竜と表現されますし、ネッシーは恐竜の生き残りと言われています。大むかしの古生物学者は、主竜形類の中のひじょうによくまとまったグループである鳥盤目と竜盤目を、主竜目や翼竜目の例に倣って恐竜上目と竜の名を冠して呼称しただけで、それを人のウワサが過去に現存した巨大怪獣たちの代名詞として拡散させてしまったというわけなのでしょう。
 筆者は、まがりなりにも恐竜について生物の進化史に基づいて学んできた人間ではありますが、プテラノドンを空飛ぶ恐竜と呼び、ネッシーを恐竜の生き残りとする世間の風潮に目くじらを立てたりしないのであります。翼竜も首長竜も、形態的にも生態的にも現生の爬虫類とはまったく異質で、現生の哺乳類的な要素をたくさん持っています。彼らの生きていた時の姿を類推するのに現生のヘビやトカゲはあまり参考になりません。哺乳類を参照した方が彼らのことが理解しやすいです。そしてそういうところが恐竜と同じなんですね。恐竜を含め中生代に生きた進化的な爬虫類たちは、新生代の獣族に対応する竜族なのですよ。竜族の代表が恐竜というわけで、翼竜も首長竜も含めてそう呼ぶのは、的外れではないどころか、的を得た表現であると思います。
 恐竜とは、通称では中生代の竜族の総称であり、分類学上はこれといささか異なり恐竜上目に含まれる陸生動物の呼称である、このように理解すれば恐竜のなんたるかが理解できたということになるのではないでしょうか。

 さて本章では分類学上の恐竜のお話しになります。上述のように恐竜上目というグレードには鳥盤目と竜盤目という2つのグループが含まれるわけですが、前者には、剣竜類、曲竜類、角竜類、カモノハシ竜類、堅頭竜類といった草食動物が含まれ、後者は、草食の竜脚類と肉食の獣脚類で構成されています。
 鳥盤目と竜盤目の構造上の明瞭なちがいは、骨盤にある恥骨が、前者では後ろを向き、後者では前を向いています。化石動物である彼らは生きている姿ではなく骨しか確認できていないので、骨格的構造がもっとも判りやすいというわけです。
 剣竜類で有名なのは背中に大きな板状突起列を有するステゴザウルスですかね。曲竜類の有名人はアンキロサウルス、重厚な装甲を備えた恐竜です。角竜類ではなんと言っても巨大な3本角と骨質の大きなフリルを持つトリケラトプスが人気でしょう。カモノハシ竜類にはイグアノドンやマイヤサウラ、パラサウロロフスなどが有名ですね。堅頭竜類としてはパキケファロサウルスがいます。カモノハシ竜類および堅頭竜類はしばしば後足で立ち上がり2足歩行をしていました。
 そして竜脚類には、アパトサウルスやブラキオサウルスといった破格のサイズの巨大な草食獣がたくさん含まれ、獣脚類は、チラノサウルスやベロキラプトルといった2足歩行の肉食獣がいます。



 恐竜大好きな読者にとってはお馴染みの動物ばかりですね。ただ、それぞれのグループには上述した動物たちほどには特殊化が進んでいないものも少なくなく、これでも角竜かよって恐竜もいたりしますが、そこは寛容な心で許容しましょう。
 一見恐竜らしからぬ小さな恐竜、誰がどう見ても恐竜だが恐竜じゃない首長竜、どれもこれも中生代をにぎわわせた華麗な竜族の仲間たちです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM