1_萌萌虫雑記帳.png

トゥオジャンゴサウルス

2015/08/25


 鳥盤目剣竜下目に属する草食獣です。剣竜類ではステゴサウルスが最も有名だと思われますが、本種もステゴサウルス科の仲間で、全長6〜7mというサイズもステゴサウルスとほぼ同等です。このサイズはたぶん剣竜の仲間では最大級だと思います。
 剣竜類はあまり活発な動物ではなく、頭脳も小さくて、森や草原をゆっくり歩きながら丈の低い草を食べていたのでしょう。背中にたくさん並んでいる骨質の板は、防御用であるとか体温調節用であるとか諸説があるようですが、大型の肉食獣が襲いかかってきた場合、この板列のせいで噛みつくのに苦慮したかもしれません。さらに本種では肩のところにひじょうに大きな角状突起があり、防御力を高めていたと思われます。



 体型的に尻尾を比較的高い位置に維持していたようなので、それを振り回して敵の襲撃に応戦していたのでしょう。尻尾の先には鋭いスパイクがついていて武器として有効だったようです。



 剣竜類は後足2本で立ち上がることもできたとも言われていますが、筆者にはそんなふうには見えないですね。常に低い位置にある頭部は、もっぱら下草を食べており、立ち上がって木の葉を食べたりということはしなかったと思います。
 化石証拠から群れで暮らしていた可能性が高いと言われていますが、現生のヒツジのようにのどかに群れていたのかもしれませんね。
 体高は4mほどあって、人間は手をいっぱいに伸ばしてようやく肩の角に触れられるていどです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引

目次
無脊椎 等脚類 クモ サソリ
多足類 無翅類 直翅類 半翅類
膜翅類 鱗翅類 鞘翅類 コガネ
クワガタ 魚類 両生類 カメ
トカゲ ヘビ 鳥類 哺乳類 絶滅
庭草 雑草 高山 飼育 ヒト
□ 飼育動物データ



サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg




QR.jpg
★ 2019年5月からツイッター始めました。





recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM