1_萌萌虫雑記帳.png

カスモサウルス

2015/08/25


 鳥盤目角竜下目に属する草食獣です。ひじょうに大きな頭部には3本の角と後方に広がるフリルがついていて大変カッコイイです。草食獣の多くは下草を食んでいるだけの愚鈍な動物ではなく、社会生活を営み、外敵には果敢に挑んでゆきます。現生のウシやシカの仲間にも闘争のための頭角を有する者がたくさんいますよね。
 また繁殖期にはオス同士の闘争も見られますが、角竜類も同様の生態を有していたでしょう。彼らは高い知性を持ち、高度な社会生活を営み、子供の世話や保護をしていたとも言われています。



 全長は5〜8mにもなる大型の恐竜で、現生のアフリカゾウを上回るほどの巨体の持ち主でした。こうした動物の群れを襲撃することは、獰猛な肉食獣でも困難だったでしょう。



 本種やトリケラトプスを含むケラトプス科の仲間は大型のものが多く進化的な恐竜でしたが、初期の角竜類はプシッタコサウルスの仲間のように角やフリルがなく、軽量で2足歩行タイプのものが多かったようです。
 進化的な角竜類が発達させた大きな角については、その使い道を想像するのは難しくないですが、大きなフリルの役目については様々な説があります。身を守る盾であったとか口を開閉させるためのバランサーであったと言った説には賛同いたしかねます。このフリルはひじょうに軽量にできていて、彼らの運動性能を妨げるものではなかったようです。ただ見かけの大きさがひじょうに大きいので、自らを大きく見せる効果は絶大だったと思われます。これで敵を威嚇したり、繁殖期にはオスがこれを誇示したりしたかもしれません。フリルには様々な模様があったという説もあり、オスがメスを惹きつけるためのディスプレーとしても有効だったかのしれませんね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM