1_萌萌虫雑記帳.png

ツヅレサセコオロギ5

2015/09/10


 早いものでもう9月ですか。今年は異常に夏が短かったです。昨夜あたりからタオルケット1枚では寒くて眠れません。一頃の地球温暖化騒ぎは何だったのでしょう。もっともこの異常気象が温暖化の側面なのかもしれませんが。昨日の台風ですでに18号を数え、関東では多くの被害も出ています。



 8月31日。ようやく1頭の成虫を確認。オスです。あとはまだ終令幼虫ばかりです。飼育中のコオロギ類3種(クマスズムシ、ミツカドコオロギ、本種)の中では最も羽化に時間がかかっています。



 9月10日。成虫が順調に増え、昼間から啼き声を聞くようになりました。今年は9月に入ると急に秋めいてきました。これほど夏が短かったのも近年ではひじょうに珍しいです。



 羽化して間がない個体は後翅の白さがよく目立ち、白っぽいコオロギに見えます。



 現在のところ羽化したのは全体の3分の1ていど。その中でもオスの方が多いです。



 まだまだたくさんいる幼虫たちも、今月中には羽化して啼き出すことでしょう。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM