1_萌萌虫雑記帳.png

ツヤアオクサカメムシ

2013/10/23


 10月下旬ともなれば、虫たちの季節もそろそろ終わりです。家の近所ではスズメバチの死骸がチラホラし、勤務先の駅のホームにはカメムシが今頃になって大発生です。昆虫類は年によって大発生します。中でもカメムシは毎年たくさん出現する方ですが、今年のアオクサ君はとくに大量です。夏場はそれほど感じなかったのですが、ここ数日は季節の終わりに電車見物でもしようとでも言うようにホームに集まっています。正しくはホームの照明に集まっているのですが。そして人に踏まれてたくさんの死骸をさらし、駅員さんである筆者がそれをせっせと掃くわけです。駅の掃除は昆虫とヤモリの観察の時間でもあります。



 カメムシは、そもそも大量発生する昆虫です。たくさんいても驚かないのですが、今年はとくに多いです。昭和末期には国内のあちこちでカメムシの大発生が話題になったこともありましたが、これはカメムシたちが都会化の波に強い証拠でしょう。洗濯物にでっかいクサギカメムシなんかがくっついてて、ゲッなんて思いをすることは、筆者が幼少の頃よりも増えました。むかしはマルカメムシやシラホシカメムシといった小型のカメムシとよく遊んだものですが、最近はけっこう大物が増えました。



 ところで、アオクサカメムシって、名前の由来はなんなのでしょう。緑色をした虫はしばしばアオと表現されるので、体色を表していることはまちがいないですが、クサが草を表しているのか臭を表しているのか。いじめると腹部から強烈な悪臭を放ちます。カメムシ独特の臭いですが、なんだか少し植物質の感じがするところが、青臭いとも言えます。青臭いの国語的な意味合いは大人げないですけど。青臭いカメムシってことでしょうか? 青くて臭いカメムシってことですか。それとも草色の青カメムシ?
 青くて臭いが正解な気がしますが、カメムシは多くの種類が臭いので、本種に限ってわざわざ臭いカメムシと呼称しなくてもよいでしょうに。となるとまた正解が判らなくなります。ま、どうでもいいですけど。
 今頃の時期の大発生の話しに戻ります。そろそろ秋が深まって来ようかという時期に、こうして灯火に集まってくるのは、夜の舞踏会で異性にめぐり合うためではなく、越冬場所を求めてくるのだと思われます。成虫で越冬しますよ、こいつ。よ
 テントウムシみたいに集団で越冬するのかどうだかは、筆者はご存じないのですが、これだけの数を目撃すると、その様子が想像できます。なんだかヤですね、青臭君の集団越冬の図って。緑色で綺麗なんですけどね。

 なお、本項は最初アオクサカメムシとして記述していましたが、2013/07/30 に、カメムシについて詳しい方からコメントを
いただき、アオクサカメムシではなくツヤアオクサカメムシであることが判明し、訂正させていただきました。

 よっくん様、貴重な情報ありがとうございました。

背に3つの白い点がない。
触覚の黒色部が2ヶ所しかない。
ツヤがある。
アオクサカメムシではなく、ツヤアオカメムシです。
アオクサカメムシ、ツヤアオカメムシ、ミナミアオカメムシはよく似ていて間違えやすいです。

コメント
背に3つの白い点がない。
触覚の黒色部が2ヶ所しかない。
ツヤがある。
アオクサカメムシではなく、ツヤアオカメムシです。
アオクサカメムシ、ツヤアオカメムシ、ミナミアオカメムシはよく似ていて間違えやすいです。
  • よっくん
  • 2014/07/30 4:36 PM
よっくん様。
たいへん参考になりました。
さっそく訂正させていただきます。
ありがとうございます。
また何かありましらら、よろしくお願いいたします。
  • 筆者
  • 2014/07/31 6:34 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM