1_萌萌虫雑記帳.png

オキナワハクセンシオマネキ

2015/09/10


 オスの片方の鋏脚だけが異様に大きくなることで有名なシオマネキですが、その特徴的な形態にも関わらず何種類かの仲間がいます。ハクセンシオマネキは、その中でも個体数が多い方で、本州ではシオマネキと言えばハクセンシオマネキを指すほどですが、今回入手したものは、ハクセンシオマネキの沖縄地方産の亜種になります。



 オスの鋏脚が巨大化するのは性成熟してからですが、左右どちらが大きくなるかは個体によって異なるようです。筆者が子供の頃、学校の先生に、このハサミで巣穴にフタをするとか、ハサミが脱落すると今度は反対のハサミが大きくなるとか、そんな話を聞いたことがありますが、真偽のほどは定かではありません。



 それにしても巨大なハサミですね、体よりもハサミの方が大きいくらいです。上の話しを確かめるには長期間飼育する必要がありますが、残念ながら飼育下で長生きさせることは難しいそうです。



 眼柄がひじょうに長く、砂に潜って目だけ地上に突き出すといったことができそうですが、この間柄は横に倒すと甲羅の前縁にある溝にピタリと治まるようになっています。甲殻類ってこういうところがロボットっぽいですよね。



 フラットタイプのプラケースに、きめの細かい砂で傾斜のある浜を作り、水を張っただけの簡単な飼育レイアウトです。砂浜は一部が水面から露出するようにしました。



 水にはほとんど入らないですね。浜辺の生き物ですが、真水を用いました。砂に潜ろうともせず、プラケのスリットを利用して上へよじ登ろうとしています。
 餌は、熱帯魚用の人工飼料が使えそうですが、うちでたくさん増えたレッドラムズホーンをつぶしてやっても食べるでしょう。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM