1_萌萌虫雑記帳.png

ヨーロッパダンゴムシ5


 飼育中のダンゴムシの仲間としては、現在のところもっとも繁殖力が旺盛なので、このままでは近いうちにケージ内は過密状態になってしまうでしょう。そこでケージを大きくする代わりにシェルターとして用いている木片を増量してやることにしました。



 8月12日。同じサイズのケージであっても、足場面積を増やしてやることで飼育動物の過密状態を解決できます。過密状態を緩和することは共食いの危険性も低減することにもなるので、幼虫たちも無事に大きくなることでしょう。



 9月12日。順調に増えています。飼育中の他のダンゴムシと比べると、繁殖力は本種がダントツですね、今のところは。幼い幼虫は体色が白っぽく、成長するにつれて独特のストライプ模様が出てきます。



 ダンゴムシやワラジムシは、腐葉土や朽木だけでも育てられそうですし、うちの庭に破棄した甲虫類の飼育に使用したマットや朽木にもたくさんのダンゴムシやワラジムシがわいています。ワラジムシがとくに目立ちますが。飼育にも昆虫マットを使用していますが、野菜や熱帯魚用の飼料を入れてやるととてもよく食べるので、餌は数日おきに与えるようにしています。虫の数が増えてくると食べ残しも減ってカビがあまりわかなくなって助かります。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM