1_萌萌虫雑記帳.png

ワラジムシ7

以前に「マダラサトワラジムシ」の項目で記述しておりましたが、読者からのご指摘によって調べましたところ、ワラジムシの赤まだら変異型であることが判明しましたので、「ワラジムシ」とタイトルを改めることにしました。なお記述内容は変更しておりません。

2015/09/15


 ずいぶん幼虫たちが増えてきましたよ。ワラジムシはなかなかやります。現在の飼育環境ではそろそろ手狭になりつつあります。かといって某ゴキブリみたいな大繁殖もしなさそうなので、ケージを大きくしてやるよりも足場面積を拡大してやることにしました。



 8月12日。足場面積の拡大方法はいたって簡単。シェルターとして用いている木片を増やしてやるだけです。これだけでも生活環境はずいぶん快適になるはずです。



 9月12日。夏場はどんどん増えたのですが、その後は安定している感じです。今年は今月になってから急に気温が下がって秋めいてきたので、そのことも繁殖に影響しているのでしょうか。



 本種は、赤みのあるまだら模様が特徴ですが、充分に成長した個体でないと、なかなかあの鮮やかな色彩は出ないですね。かなり育っても単純な灰色をしているものがほとんどで、自然界でであったら本種とは認められないかもしれません。



 うちで繁殖し、成長した若い個体たちです。顕著な斑紋を呈するものはほとんどいません。飼育下ではあまり色が出ないのでしょうか。



 飼っているうちにだんだん色があせてきたような気がしないでもないのですが、気のせいですかねぇ。金魚の色揚げ用の餌とか食べさせると赤みが強くなるとか。試してみる価値はありそうですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

索引


目次

スネさん リーザさん けもの 庭虫
雑虫 クモ 直翅系 半翅系 膜翅系 鱗翅系 鞘翅目 毒虫 魚たち 無脊椎
両生類 カメたち 絶滅動物 くさばな 庭草 雑草 高山植物 飼育と観察 ヒト □飼育動物データ




    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

サイト内検索

NEW ENTRIES


Amazon Kindle 電子出版のご案内
cover4.jpg


★講読には
Kindle 読書アプリ
が必要です。



sijn.jpg






recent comment

recent trackback

プロフィール

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM